• ホーム
  • 精子をつくる!男性も妊活に励もう

精子をつくる!男性も妊活に励もう

妊娠活動、略して妊活、その活動に取り組む女性が増えて来ました。
以前に比べて子作りに励む時間と精神的余裕が減って来ています。意識的に妊娠に向けて準備しなければ、子宝に恵まれない時代となって来ています。
ただし、妊活を頑張らなければいけないのは女性だけではありません。
妊活はまさしく夫婦の共同作業です。女性だけが頑張っても、肝心の赤ちゃんのもとを提供する男性のコンディションがいまいちでは、本末転倒になります。
妊活がなかなか捗らない原因として、最近の若者の精子の元気が減ってきている点も指摘されています。
基本的に精子の元気さは若い世代の方がありますが、睾丸に悪い暮らしを続けていると年齢に関係なく、精子の品質が下がり、たとえ毎晩セックスに励んでも、精子の運動量が悪いため、妊娠の確率が下がったままになります。
男性も妊活に励まなければ、子宝になかなか恵まれませんので、精子の運動量を向上・維持させるためにも、まずは睾丸に優しい下着を着けるようにしましょう。
ボクサーブリーフはスタイリッシュで格好が良い下着ですが、睾丸を強く締め付けるため、精子の元気さを減らしてしまいます。
妊活を意識するなら、睾丸をリラックスさせられるトランクスがおすすめです。
特に就寝中に睾丸を圧迫するのは精子の減衰に繋がりますので、寝る時は必ずトランクスを着けましょう。
また疲労回復のためにサウナを利用する男性もいますが、高温多湿な環境は精子の減少を誘発します。
たまに利用するならOKですが、高頻度でサウナに通うと、それは自ら精子を減らす事になっています。
圧迫と言えば、バイクや自転車の乗り過ぎも危険です。自転車のサドルやバイクの椅子は睾丸を長時間にわたり、圧迫します。
自転車の種類に関係なくサドルに座る以上、睾丸が圧迫され続け、精子の量が減り、妊活の効率が知らず知らずのうちに悪くなってしまいます。
他にも喫煙もまた精子の品質低下を誘発します。禁煙もまた男性の妊活の必須事項です。
女性だけが禁煙を頑張っても効果は薄く、どちらかと言えば元気な精子を出すためにも男性の禁煙が大切となります。

精子検査キットって何?精子の状態を知ろう

無意識にしている喫煙や自転車の利用、そしてリラックス目的だと思っていたサウナ等が精子の元気を減らしていた、これは世の男性にとって衝撃的な事実です。
夫婦そろって毎晩子作りに励んでいるのに、なかなか良い知らせを受け取れない、その背景には男性側の精子の元気不足があったのかもしれません。
ただし、自分の体の事とはいえ、睾丸の状態を男性自ら知る事は困難です。
客観的な視点が必要です。今では個人でも、精子検査キットを取り寄せることができます。
その専用のキットを使えば、自宅に居ながら、病院で受けるような精子の健康チェックが出来るようになります。
個人的に精子の元気さを知りたい男性陣におすすめであり、使い方も簡単なので、病院に行くよりもお手軽です。
マニュアルをよく読めば誰でも簡単に自宅で精子のコンディションが分かりますので、多忙で病院に行く時間が無い男性や近くに検査が受けられる医院が無い人々におすすめです。
いわゆる理科の実験のような手順で進められます。楽しく自分の精子の様子が、客観的に見られます。
夫婦そろって、男性の精子の様子が見られますので、バラエティー番組の実験コーナーの感覚で楽しめます。
状態を知る事で、妊活が滞っている要因が分かります。
もし運動量の元気さが年齢のわりに低いようであれば、やはり下着やバイクや自転車、そしてサウナや喫煙がそれを誘発していると考えるべきです。
睾丸は熱と圧迫感に弱いです。実は体外に露出していますが、睾丸はそもそも内蔵の一種だと考えられています。
そのため、強い締め付けや熱が加わりますと、赤ちゃんのもとがどんどん減ったり、元気を失っていきます。
女性だけが妊活を頑張っても効果はまだ半分、射精する男性の協力がなければ、赤ちゃんとはなかなか出会えません。

関連記事