• ホーム
  • 精力増強ペニストレーニングで勃起力を取り戻そう

精力増強ペニストレーニングで勃起力を取り戻そう

男性の精力が衰える理由はさまざまですが、その中でも大きく影響しているのが男性ホルモンによる影響です。
男性ホルモンが低下することで性欲が低下し勃起力が失われていきます。
また勃起力が失われることでセックスをする気力も失われ遠ざかっていくとさらに精力も低下します。
このような悪循環を発生することで精力も勃起力も失われていくことになります。
その一方で精力は高めることも可能で、努力をすれば勃起力を取り戻すことができます。
精力増強のための方法としては、ペニスをトレーニングすることや生活を見直し食生活の改善を行うといったことが挙げられます。
特にペニスをトレーニングによって刺激することで、男性ホルモンの分泌が促されて精力を高めることができます。
トレーニングといってもその手法はさまざまでペニスに繋がるPC筋を鍛えるといったことやツボをマッサージするといった外部からの刺激によって行うことができます。
ただトレーニングやツボマッサージだけでは男性ホルモンのもととなる物質が補給されませんので食生活の改善は精力増強を行う上で重要です。
男性ホルモンを増やす食材としてはタンパク質が含まれる赤身肉、含硫アミノ酸が含まれるたまねぎやにんにく、亜鉛が豊富な牡蠣などが知られます。
精力増強ペニストレーニングを行う際には、これらの食材を摂取しながら行うのがより効果的です。
また食材から栄養を摂取できない場合には栄養補助食品を使う方法もあります。
栄養補助食品は食材に含まれているような成分のほか必要なビタミン類の補給やシトルリンなど男性ホルモンの分泌をより促すための成分が配合されているものもあります。
またペニスだけトレーニングするのではなく身体全体を鍛えることでも勃起力を取り戻すことができます。
また単に勃起力だけを取り戻したいといった場合にはED治療薬を使う方法がありますが、ED治療薬は無理に勃起させることになるため身体への負担が大きいデメリットがあります。

勃起はできても早漏ならタダポックスで改善

精力増強によって勃起力を取り戻しても、早漏の場合には満足な性生活を送ることが難しくなります。
早漏の原因は精神的な理由と肉体的な理由があります。
精神的な理由は生まれつき興奮しやすいといったものや女性経験が少ないことによって起こるものです。
このあたりは落ちつくような何かしらの手段を考えるほか、経験を積むことで改善できます。
一方で肉体的な理由でも病気によるものとそうでないものがあります。病気としては尿道炎や前立腺炎によりペニスが敏感になっている場合です。
また包茎は病気ではありませんが亀頭が敏感になり早漏になりやすいと言われています。病気が原因の場合にはまずは治療を行うことからはじめる必要があります。
一方でそれらの原因が考えられず、勃起力が十分であるにも関わらず早漏という場合には、タダポックスという治療薬を利用してみるのも一つの手段です。
タダポックスは、EDと早漏の両方を改善することができる薬で、勃起力を高める成分であるタダラフィルと、早漏を防ぐためのダポキセチンが含まれている薬です。
タダラフィルはバイアグラなどのED治療薬と同様にペニスが勃起しやすい状態にし勃起力を高めることができるものであり、力強い勃起力を手に入れることができます。
しかし、あくまでも勃起を助けるだけであり射精に関するコントロールは行われません。
このためED治療薬では勃起だけは改善出来ても早々に射精してしまう早漏までは改善することができません。
このためタダポックスでは、ダポキセチンが含まれています。
ダポキセチンは気分を安定させる作用があって、早漏、つまり射精を促す興奮状態を落ち着かせることができます。
これによって射精までの時間を延ばすことができます。

関連記事