• ホーム
  • 性欲を誘う食材!五葷を積極的に食べよう

性欲を誘う食材!五葷を積極的に食べよう

薬を持っている男性

現代社会に生きる私達は、仕事や家庭内の事など様々な理由から発生する疲労やストレスと日々戦っています。
そのような生活の中で、若い頃と比べて性欲が減退してきた、という人達も多いのではないでしょうか。
夫婦間でもセックスレスという状況が珍しくは無いと言われる現代の日本社会ですが、性欲が減退したまま一生を終えたい、終えるつもりだと考える人は少ないでしょう。
そこで性欲を何とか復活させるために何とかしたいけれど、病院に行くのは面倒だし何だか恥ずかしい、サプリが良いと聞いてもどれを飲んで良いのか分からない、と行動に移す事が難しいと考えている人にこそぜひ実践して貰いたいことがあります。
それは、食生活の見直しです。
食生活を見直しただけで、性欲減退を改善出来るのかと不審に思う人もいるでしょう。
ですが、健全な性欲を取り戻すためには、まずは健全な肉体が必要です。滋養強壮に良いと言われる食材を中心に積極的に摂取していきましょう。
うなぎや山芋、レバーに牡蠣などに代表される、滋養強壮に良い食材も性欲アップにつながりますが、ここで注目して欲しいのが、にんにく、ネギ、ニラ、らっきょう、アサツキに代表される匂いのきつい食材です。
性欲減退には亜鉛不足が関係していると言われますが、にんにくには良質の亜鉛が含まれていますし、ニラにも疲労回復に大きな役割を果たすと言われるビタミンB1やビタミンAが豊富に含まれています。
これらは、色々な料理で薬味や下味を付けたりするために使用することが出来ます。
例えばうなぎを毎日のように食べるのは難しくても、ネギやニラだったら味噌汁に入れたりすると毎日摂取することが出来ます。
ぜひ毎日の食事にこれらの食材を取り入れることに積極的になってください。
簡単に美味しく摂取できるうえ、いつでもどこでも手に入る食材ばかりです。
サプリや薬に頼るよりも、自然な食材から性欲減退に有効な成分を摂取しましょう。
健康な肉体作りと同時に性欲復活を叶える事が出来ます。

仏教の修行では五葷のような欲を刺激する食べ物は禁止

このように匂いのきつい、にんにく、ネギ、ニラ、らっきょう、アサツキをなぜ積極的に摂取することを勧めるかというと、もちろん医学的に性欲復活に必要な成分が含まれている事が一番の理由ですが、もう一つ理由があります。
それは以上の五つの食材が、仏教の世界では五葷といい、摂取することを禁じられた食材だからです。
仏教の世界で摂取することを禁じられている食材の事を禁葷食といいますが、五葷はその中の一つです。
他には動物性の食材が禁じられています。
禁葷食や五葷という言葉は全く聞いたことが無くても、精進料理は誰でも聞いたことがあるのではないでしょうか。
精進料理は、こういった禁葷食を全く使用していない料理の事です。
なぜ五葷が禁葷食に指定されているのか。
それはこれまで述べたように、にんにくやニラには性欲を向上させる成分が豊富に含まれています。
ということは、日々修行に明け暮れる生活をしているお坊さん達がこれらの食材を摂取してしまうと、煩悩の一つである性欲が高まり過ぎて修行に集中することが出来なくなってしまいます。
性欲は食欲、睡眠欲と並んで人間の三大欲求の一つと言われるのは周知の事実です。
一度性欲に火が付くと抑える事は困難な事は、今も昔も変わりません。
これらの事からも分かるように、現代のように医学が発達していなかった大昔から、これら禁葷食、特に五葷の食材を摂取すると性欲が高まる事はよく知られていたのです。
そのためこれら五葷の食材を日々摂取すると、性欲向上や疲労回復に絶大な効果があると言えます。
仏教の世界で禁じられる程、性欲向上に効果があるこれら五葷の食材を是非毎日摂取して、健康的に性欲が高まる生活を送りましょう。きっと良い結果がもたらされるでしょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧