• ホーム
  • 勃起不全とはどんな症状のこと?

勃起不全とはどんな症状のこと?

色々な薬のケース

勃起不全とはEDとも呼ばれており、症状としては性的興奮を覚えてもそれが体、つまり男性器にまで伝わらない状態のことを指します。
どうして勃起不全が起こるのか、原因はそれぞれのケースで異なってくるものの、神経系での問題、血管や体質の問題、さらには精神的な部分でのトラウマが要因として挙げられます。
そもそも、男性が性欲を感じ体が反応するまでの仕組みはどんなものなのでしょうか。一般的な男性であれば少なからず性欲が存在します。
視覚、聴覚など何かしらのきっかけで性的な興奮が得られた場合、脳からは興奮を司る神経物質が分泌されます。
これが体の器官、血管に直接作用して血流を促進させていくことになります。
その後、男性器部分でも血流が促進、血管が太くなるなどして勃起が促されていくわけです。
勃起不全の症状があらわれるということは、そもそも体が興奮するための神経物質、この分泌異常が起きている可能性が挙げられます。
また、体質的な問題で血管や血流の状態が悪いケース、はたまた精神的なトラウマで性行為自体にマイナスな感情を抱いているケースも考えられます。
どのケースの場合でも、勃起不全の症状が起こると性行為自体が難しくなるため、パートナーとの関係が悪化してしまう恐れも出てきます。
もちろん、パートナーとの話し合いをして、十分な理解を得られた場合は別ですが、勃起しないという時点で男性としてはプライドが傷つけられることもあるでしょう。
こうした勃起不全、EDの症状を改善していくためには、そもそもの原因を突き止めることが大切です。
神経系、もしくは体質的な問題であれば医療機関を受診してそれぞれにあった薬を処方してもらうのも一つの手です。
また、精神的な面での問題であれば、個別に自信をつける方法を模索していく必要があります。
ペニスのサイズや持続力を改善することができるペニソールで自信を取り戻すことで、性行為に対するモチベーションも上がります。
わざわざ医療機関を受診しなくても、精力アップのグッズなどを活用すれば解決できる場合も時にはあるため、必要に応じて活用するのもおすすめです。

昔に比べて精力が低下している?草食系男子の増加

昔に比べて、現代の男性は精力が低下しているといわれています。それは、巷で流行っている草食系男子やジェンダーレス男子が増えてきているのも影響しています。
草食系男子とはその名の通り、受動的な言動が多い男子のことを指し、女子に主導権を握られることを好むケースが大半です。
ジェンダーレス男子とは、いわゆる中世的なスタイルの男子のことで、ファッションや見た目が女性に似通っているケースも少なくありません。
どちらかというと細く、か弱い印象の強いこうした男子は、性欲に関してもあまり積極性がありません。
現代男子の特徴でもある性欲の低下は決して見過ごせるわけではありません。寧ろこの傾向自体が勃起不全などの症状を引き起こしている可能性も考えられます。
普段から受動的で男性らしさを意識していないからこそ、いざという場面では自信を無くしてしまうわけです。
もちろん、すべてのケースでそうというわけではありませんが、ことセックスに関しては精力アップの工夫も必要になってきます。
女性をより満足させられるように工夫することで、結果的にカップル同士の信頼関係をより強くすることが出来ます。
勃起不全をはじめとするセックスに関係する症状は、日ごろの対策で改善することもできます。
例えば、睡眠時間を十分に確保する、健康的な食事をとるようにする、といった方法です。
一見するとなんの関係もなさそうに思われるかもしれませんが、実は体の状態をより良くしていくことこそが、性欲をアップさせるための第一段階です。
体の調子が悪いままであれば、どれだけ治療をしたところで意味がありません。
体を健康な状態に維持すること、その上で男性らしいふるまいを意識する、必要に応じて治療に取り組んでいくことが大切になってきます。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ