• ホーム
  • 勃起できないストレスでさらに心因性EDに

勃起できないストレスでさらに心因性EDに

勃起力の低下に悩むのは、何も中高年者だけではありません。
昨今では20歳から40歳といった比較的若い世代の間でも勃起力の低下に悩む人が多くいると言われています。
若い世代に目立つのが心因性EDです。心が原因で勃起力が下がり、健康的な性生活が営めなくなる体調不良です。
心因性EDを発症する人々は皆、強いストレスを抱えています。
仕事の事で悩みを強く感じている男性は心労からうつ症状になりやすく、同時に心因性EDも発症しやすいです。
性的な作品を見たり、実際に彼女や妻と性行為を始めても、ペニスが無反応になったり、著しく感度が低下します。
完全なEDとは違い、勃起が出来る日もあれば、本当に全くペニスが無反応になる日もあったりと、男性機能の働きが非常にちぐはぐになってしまうため、男性本人はもちろん、女性からは非常に不思議な状態に映ります。
人間関係のストレスも、また勃起力の低下を誘発します。
彼女と喧嘩してしまった、両親との関係が近頃悪化した、会社の上司からのハラスメントに悩んでいる等、こういった心労が蓄積すると、やはり男性機能が減退します。
心に大きな不安感があると、心因性EDが発症しやすくなります。
いわゆる思考力が高く気配り上手な男性ほど、裏返しますと不安を常日頃から感じやすい体質です。
また彼女や妻とせっかく夜の生活を始めたのに、勃起が正しくできない事が、本人の心に自責の念を生んでしまう事も多く、更に深刻な心因性EDへと至ってしまいます。
昨日は勃起する事が出来なかったが、今夜こそはしっかりと自分を追い込んで彼女を満足させる、こういった意気込みが逆に空回りするケースも多いです。男性機能はとてもデリケートなものです。
本人が勃起したいと強く念じる事が、体にとっては不安やストレスになります。
自責の念や自己脅迫的な思いは本当に逆効果であり、ネガティブな思考を張り巡らすと返って自ら心因性EDのリスクを強めます。

過去に言われた傷付く一言で勃起力が低下してしまう?

心因性EDは今現在のストレスが原因で発症する事が多いですが、過去に女性に言われた傷付くセリフが原因で勃起力の低下が起きている事もあります。
いわゆる過去の恋愛のトラウマが勃起力の慢性的な低下を誘発するためです。
例えば、昔のガールフレンドにベッドの上でペニスの事を馬鹿にされたり、セックスが下手な事を揶揄されたり、体のコンプレックスを無邪気に言及されてしまった事などがあります。
こういった過去の心の傷が、本人も意識しない潜在的な意識の奥底に残っていると、それが今現在の性生活の中でフラッシュバックして、勃起力の高まりが抑制されてしまいます。
また再び今のガールフレンドや妻にも過去の女性のように、傷付く一言を言われてしまったらどうしよう、こういった漠然とした不安感が深層心理に表れると、ペニスが性的刺激を受けても、無反応になってしまい、心因性EDの状態が日常化していきます。
セックスが下手だった事を過去に揶揄された男性は、女性を満足させられるか、常に意識してしまい、目の前の性行為に集中できなくなり、それがストレスになる場合も多いです。
「射精が早すぎる、早漏の男性なんて嫌い」や「ペニスが小さくて物足りない」や「昔の彼氏の方がセックスが上手かった」等のセリフは男性の心を酷く傷つけます。
ベッドの上で一度でもショックを受ける一言を受けた男性は、セックスに対して恐怖心を抱く事が珍しくありません。
女性の方は本当に何気なく、あるいは冗談で言い放った一言でも、それが男性の心に大きなショックを与え、恋愛とセックスにトラウマを作り出す事例は枚挙にいとまがないです。
潜在意識は男性本人も意識し辛く、またトラウマの治療はなかなか自力だけでは難しいのが実情です。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧